脳のもやもや、集中力、注意力、そして調節不全

神経系が調節不全になると、脳のもやもやや集中力の低下を引き起こすことがあります。

CO-CEO, NEUROFIT
1 分で読めます
OCT 4, 2023
ストレス、コルチゾール、そして脳のもやもや
私たちが常にストレスを感じていると、交感神経系(闘争または逃走反応を担当)が活性化し続け、これが脳のもやもやや集中力の低下を含むさまざまな問題を引き起こすことがあります。交感神経系が活性化すると、コルチゾールというホルモンが放出されます。
コルチゾールは体にいくつかの影響を及ぼし、その一つは運動の準備のために体の四肢への血流を増加させることです。これにより脳への血流が減少し、脳が適切に機能するために必要な酸素と栄養素を得られないため、脳のもやもやを引き起こすことがあります。
シャットダウンと脳のもやもや
同様に、シャットダウン/フリーズ反応(腸神経系によって引き起こされる)が慢性的に活性化していると、脳のもやもやや解離感を引き起こすことがあります。この状態では、神経系は圧倒的なストレスに対する反応として体にシャットダウンの信号を送り、これが集中力を大幅に低下させます。
コルチゾールと神経伝達物質
コルチゾールはまた、神経伝達物質の生成を妨げます。神経伝達物質は脳がコミュニケーションを取るのを助ける化学物質で、これが妨げられると、脳が効率的にメッセージを送受信できないため、集中力が低下することがあります。
バランスの取れた神経系、クリアな心
幸いなことに、私たちが神経系を調節し、ストレスを軽減するためにできることはたくさんあります。運動はエンドルフィンを放出し、これが体に鎮静効果をもたらすため、ストレスを軽減するのに非常に効果的です。静寂の練習もまた、ストレスを軽減し、リラクゼーションを促進します。
ストレスを軽減し、リラクゼーションと適切な回復を促進するためのステップを踏むことで、私たちは神経系の調節をサポートし、脳のもやもやや集中力の低下の症状を軽減することができます。
神経系をマスターする準備はできていますか?
NEUROFITをダウンロード
この記事を共有する