食事がどのように神経系のバランスを整えるか

食事と神経系のバランスを結びつける科学の一部を簡単に説明します。

CO-CEO, NEUROFIT
1 分で読めます
SEP 12, 2023
食事と神経系
食事は神経系の健康を維持するために重要な役割を果たします。食物中の栄養素は神経系の適切な機能に不可欠です。例えば、オメガ3脂肪酸は脳の発達と機能に重要であり、ビタミンB12は神経細胞を取り囲む絶縁体であるミエリンの形成に必要です。
特定の食品は神経系にも肯定的または否定的な影響を及ぼすことがあります。例えば、砂糖や精製炭水化物のような炎症を引き起こす食品は、脳を含む体全体の炎症に寄与することがあります。食事からの炎症は認知機能の衰えや気分の不均衡を引き起こす可能性があります。
腸内微生物群
腸内微生物群、つまり消化管内に生息する微生物のコミュニティも、神経系の健康に役立ちます。これらの微生物の一部は、脳に肯定的な影響を及ぼす短鎖脂肪酸を生成します。また、食物を分解し、体がより多くの栄養素を吸収するのを助けます。腸内微生物群に提供する食物は、どの種が増減するかを決定します。
食事と気分調整:セロトニンの生成
一方、抗炎症性の食品や抗酸化物質が豊富な食品は、神経系をダメージから保護するのに役立ちます。そして最後に、私たちのセロトニン(主要な気分安定ホルモン)の96%は腸で作られます。可能な限り炎症を引き起こす食品を避けることで、セロトニンの生成が妨げられず、結果として全体的にバランスの取れた状態を保つことができます。
健康的な食事は神経系の適切な機能のための重要な要素です。食物中の栄養素は消化管の発達と機能、そしてそれに続く神経系のために不可欠です。
平均的に、高品質な食事を優先するNEUROFITのメンバーは、30%以上バランスの取れたチェックインと10%高いHRVを報告しています。
神経系をマスターする準備はできていますか?
NEUROFITをダウンロード
この記事を共有する