感情と自律神経系

神経系の異なる部分が私たちの感情体験を担当しています。

CO-CEO, NEUROFIT
1 分で読めます
OCT 4, 2023
感情の調節
交感神経、副交感神経、腸神経の各分岐は、私たちの感情反応の大部分を引き起こすさまざまなホルモンを調節する責任があります。
交感神経:恐怖、怒り、不安、緊張
交感神経系は、 perceived threatなどのストレッサーに反応して活性化されます。この活性化は、心拍数と血圧を上昇させるホルモンのアドレナリンとコルチゾールの放出を引き起こします。交感神経系はまた、神経伝達物質のノルエピネフリンの放出を担当しています。ノルエピネフリンは、脳の恐怖回路に関与しているため、感情の調節において重要な役割を果たしています。ストレッサーにさらされると、交感神経系はコルチゾールの放出を引き起こします。このコルチゾールの放出は、不安レベルの増加につながる可能性があります。
腹側迷走神経:平和、喜び、安全、愛
副交感神経系は、食物の視覚や愛する人の声の音などの落ち着く刺激に反応して活性化されます。この活性化は、心拍数を減速させて消化系への血流を増加させる神経伝達物質のアセチルコリンの放出を引き起こします。アセチルコリンはまた、脳の報酬回路に関与しており、快感の体験に役割を果たすと考えられています。
腸神経系とセロトニン
最後に、腸神経系(腸脳)は体のセロトニンの90%以上を調節し、これは気分と感情の調節において重要な役割を果たしています。セロトニンは、不安と抑うつの予防に役割を果たすと考えられています。
神経系を通じた感情の調節
神経系の異なる分岐が、私たちの感情反応の大部分を引き起こすさまざまなホルモンを調節する責任があります。神経系を調節し、バランスを取ることで、ストレス、不安、抑うつへの抵抗力を高めることができます。
神経系をマスターする準備はできていますか?
NEUROFITをダウンロード
この記事を共有する