腸/消化器系の問題、IBS、および神経系

過敏性腸症候群のような消化器系の問題は、しばしば調節が乱れた神経系から生じます。

CO-CEO, NEUROFIT
1 分で読めます
OCT 4, 2023
消化器系
人間の消化器系は、複雑で敏感なシステムであり、常に神経系と相互作用しています。これらの相互作用が適切に機能しないと、過敏性腸症候群(IBS)などの消化器系の問題につながることがあります。
消化器系は多くの異なる器官から構成されており、これら全てが適切に食物を消化するために協力しなければなりません。胃と腸は筋肉の層で覆われており、食物を消化器系を通して移動させるために収縮とリラクゼーションを繰り返します。このプロセスは神経系によって制御され、筋肉に収縮とリラクゼーションのタイミングを伝える信号を送ります。
腸神経系(ENS)
腸神経系(ENS)は消化器系を通る神経のネットワークであり、消化器系の筋肉を制御し、消化器系で何が起こっているかについての信号を脳に送る役割を担っています。
神経系が調節が乱れ、適切に機能していない場合、消化器系の筋肉は過度に収縮したり、逆に収縮が不足したりします。これにより、消化のペースと効率が変わり、しばしば痛みや膨満感などの症状を引き起こします。
過敏性腸症候群
IBSは、調節が乱れた神経系から生じ、増幅されることが多い慢性的な状態です。IBSは人口の10〜15%に影響を及ぼすと推定されています。IBSの治療法は多岐にわたり、多くは神経系を調節することで症状を軽減することを目指しています。
腸内微生物群
腸内微生物群は、消化器系に生息する細菌のコミュニティです。これらの細菌は、消化、免疫、脳機能など、健康の多くの側面にとって重要です。腸内微生物群は神経系に影響を受け、調節が乱れた神経系は腸内微生物群のバランスを崩すことがあり、これがさらに消化器系の問題に寄与することがあります。
腸の問題の治療
神経系の調節が乱れることは、消化器系の筋肉や腸内微生物群に影響を与え、多くの異なる消化器系の問題(IBSなど)の原因となることがよくあります。この問題を根源から解決することで、これらの消化器系の問題は効率的かつ非侵襲的な方法で解決できることが多いです。
神経系をマスターする準備はできていますか?
NEUROFITをダウンロード
この記事を共有する