神経系バランスのための内観感覚の活用

内観感覚を高める活動に取り組むことは、身体的な健康と精神的な健康の両方に有益です。

CO-CEO, NEUROFIT
1 分で読めます
OCT 4, 2023
内観感覚:第六の感覚
内観感覚とは、体の内部環境を感じる感覚です。内臓の位置や動き、温度、圧力、痛みの変化を感じる能力を指します。
内観感覚システムは、体の状態についての情報を常に脳に送っています。この情報は、心拍数、血圧、呼吸、消化などの重要な機能を調節するために使用されます。
内観感覚はしばしば「第六の感覚」と考えられています。それは私たちが環境の変化に対応することを可能にするため、生存に重要です。例えば、痛みを感じたら、痛みの源から離れることを知ります。
内観感覚はまた、感情の調節にも重要です。それは私たちが自分の感情を理解し、適切な方法で反応するのを助けます。例えば、不安を感じたら、落ち着くために深呼吸をするかもしれません。
内観感覚と現代社会
現代の世界では、多くの人々が内観感覚が乏しいです。これは感情の調節に問題を引き起こし、不安やうつ病の一因となる可能性があります。問題は、私たちが自分の体から切り離されると、体は私たちの注意を引くためにより強い信号を送ることを学び、しばしばその信号が耐え難いほどに感じられることです。
エンボディメントで内観感覚を高める
身体への意識を高めるエンボディメント活動に取り組むことで、内観感覚が高まります。NEUROFITアプリ内では、これにはベントラルバガルBALANCEエクササイズ、例えばベリーボールローリング、ボディタッピング、腕&脚スクイーズ、下腹部マッサージなどが含まれます。
その他の活動としては、ヨガ、瞑想、呼吸法などがあり、これらは体と呼吸への意識を高め、それによって内観感覚システムへの意識を高めるのに役立ちます。内観感覚の意識を高めることで、エンボディメントの実践は感情の調節と神経系のバランスを改善するのに役立ちます。
神経系をマスターする準備はできていますか?
NEUROFITをダウンロード
この記事を共有する