愛とパートナーシップが神経系に与える影響

親密なパートナーシップが神経系にどのように影響を与えるかについての簡単な説明。

CO-CEO, NEUROFIT
1 分で読めます
OCT 4, 2023
パートナーシップの様々な影響
パートナーシップは、関係性によって、神経系に多くのポジティブな影響を与えることがあります。
ポジティブな影響には、絆や信頼を促進するオキシトシンレベルの増加、幸福感や喜びをもたらすドーパミンレベルの増加が含まれます。また、オキシトシンはストレスや不安を軽減し、記憶力と学習能力を向上させ、自律神経系をバランスさせるのにも役立ちます。
パートナーシップが神経系に与えるネガティブな影響には、不安やストレスを引き起こすストレスホルモンのコルチゾールレベルの増加が含まれます。コルチゾールは記憶力と学習能力を損なうことがあり、また、記憶を担当する脳の一部である海馬での新しいニューロンの生成を妨げることもあります。
関係の見極め
関係は非常に主観的な経験であるため、完全な文脈を持つのはパートナーシップにいる人々だけです。自分自身に尋ねる簡単な質問の一つは、現在のパートナーと過ごした後、よりしばしばエネルギーを得ているか、それとも消耗しているかということです。
全体として、あなたがよりエネルギーを得ていると感じるなら、あなたの関係はおそらくあなたの神経系にポジティブな影響を与えています。逆の場合、あなたの関係は不調の源である可能性が高いです。その場合、未発表の感情を表現することから、境界線を設定すること、関係を完全に終了することまで、いくつかの変更を考えることが賢明です。
神経系をマスターする準備はできていますか?
NEUROFITをダウンロード
この記事を共有する