平和な神経系、平和な心

神経系が平和であれば、心もまた平和です。

CO-CEO, NEUROFIT
1 分で読めます
OCT 4, 2023
感覚神経:体から心への入力
神経系が体の制御センターであり、体の機能を調節することはよく知られています。しかし、神経系が心への主要な入力源でもあることはあまり知られていません - 体の神経の80%が感覚神経で、体から脳へ向かって走っています。心と神経系は密接につながっており、心が平和であれば、神経系も平和です。心がストレスを感じていると、神経系もストレスを感じます。
神経系は私たちを危険から守るために設計されています。脅威を感じると、神経系が作動し、私たちを戦闘または逃走の準備をします。この反応は戦闘または逃走反応として知られており、交感神経系によって調節されます。交感神経系は、心拍数の増加、血圧の上昇、呼吸の増加など、体の自動的な生存反応をすべて担当しています。
慢性的な調節不全の影響
戦闘または逃走反応は生存に必要ですが、それが慢性的な状態になるべきではありません。体が慢性的なストレス状態にあると、高血圧、心疾患、不安などの健康問題を引き起こす可能性があります。放置すると、体はこのストレスを新たな正常と認識し、外部からの入力がストレスが必要であることを示していない場合でも、ストレス信号を心に送ります。
平和な神経系を維持する方法
心と体を平和に保つ方法はいくつかあります。一つは瞑想やマインドフルネスを実践することです。これにより、心が現在の瞬間に集中し、現在存在しないストレス要因を手放すことを訓練することができます。心と体を平和に保つもう一つの方法は、定期的に運動することです。運動はエンドルフィンを放出し、これには気分を高揚させる効果があります。また、運動はコルチゾールなどのストレスホルモンを減らすのにも役立ちます。
最後に、十分な睡眠をとることが重要です。睡眠は体と心が休息を取り、修復するときです。睡眠不足のとき、私たちはイライラしやすく、集中力が低下する可能性があります。また、不適切な決定を下す可能性も高くなります。十分な睡眠をとることは、心と体を平和に保つために不可欠です。
心と体が平和であれば、神経系も平和です - これらは毎瞬間お互いに影響を与えています。
神経系をマスターする準備はできていますか?
NEUROFITをダウンロード
この記事を共有する