静寂の状態:背側迷走神経+腹側迷走神経

静寂は、最適な精神的明瞭さと身体的回復を促進することで、全体的な健康に有益です。

CO-CEO, NEUROFIT
1 分で読めます
OCT 4, 2023
静寂:背側迷走神経&腹側迷走神経
静寂の状態は、背側迷走神経と腹側迷走神経の反応の混合です。この状態は、落ち着きと安心感によって特徴付けられます。身体は休息状態にあり、心は明快で集中しています。この状態は、身体が自己を癒し、修復することを可能にするため、全体的な健康に有益です。
静寂:背側迷走神経の安全性とバランス
背側迷走神経の状態は、心拍数と血圧の低下によって特徴付けられます。この状態は副交感神経系と関連しており、「休息と消化」の反応を担当しています。身体が休息状態にあるとき、それは自己を癒し、修復することができます。
静寂:腹側迷走神経への抵抗力を築く
静寂はまた、心と身体のつながりを強化することで、腹側迷走神経の反応に対する抵抗力を築きます。これにより、極端な状況でのみシャットダウン状態になることを保証します。腹側迷走神経の反応は、心拍数と血圧の低下、および消化器系と免疫系のシャットダウンによって特徴付けられるため、短期間だけ経験するのが最善です。
バランス、明瞭さ、創造性を促進する
私たちが静寂の状態を維持することができると、ストレスを処理し、感情を管理する能力が向上します。この心身のつながりの状態は、創造性と生産性の向上とも関連しています。したがって、全体的な健康を向上させたいのであれば、日常のルーチンに少しの静寂を取り入れることを検討してみてください。
神経系をマスターする準備はできていますか?
NEUROFITをダウンロード
この記事を共有する