迷走神経、迷走神経ブレーキ、および迷走神経調子

迷走神経は心拍数、消化、免疫反応の調節を担当しています。

CO-CEO, NEUROFIT
1 分で読めます
OCT 4, 2023
迷走神経
迷走神経は頭蓋神経の中で最も長く、最も複雑な神経です。それは脳幹から腹部まで伸びています。迷走神経は心拍数、消化、免疫反応など、さまざまな機能を担当しています。
迷走神経調子
迷走神経調子は迷走神経の活動の指標です。高い迷走神経調子は迷走神経の活動が高いことを示し、これは他人との安全感、共感、社会的開放性が増加していることを示します。一方、低い迷走神経調子は迷走神経の活動が低いことを示し、これは不安、恐怖、孤立感が増加していることと関連しています。
迷走神経ブレーキ
迷走神経はまた、「迷走神経ブレーキ」を担当しています。迷走神経ブレーキは、ストレスに対する心拍数と血圧を迅速に変化させることができるメカニズムであり、背側迷走神経の休息と交感神経のストレス反応の間のシフトを管理します。したがって、迷走神経ブレーキを強化するエクササイズは、ストレスへの抵抗力を構築し、全体的な健康を改善することができます。
迷走神経調子の測定
迷走神経調子を測定する方法はいくつかありますが、最も一般的なのは心拍変動(HRV)を通じてです。HRVは心拍間の時間の変動を測定するものです。一般的に、HRVが高いほど迷走神経調子が高く、HRVが低いほど迷走神経調子が低いことを示します。
迷走神経は人体の重要な部分であり、その活動は私たちの健康と幸福に深い影響を与えることができます。迷走神経、迷走神経ブレーキ、および迷走神経調子を理解することで、ストレスに対する健康と回復力を改善するためのステップを踏むことができます。
神経系をマスターする準備はできていますか?
NEUROFITをダウンロード
この記事を共有する