睡眠-覚醒サイクル

バランスのとれた神経系には、一貫した睡眠-覚醒サイクルが不可欠です。

CO-CEO, NEUROFIT
1 分で読めます
OCT 4, 2023
睡眠-覚醒サイクル
神経系は体のサーカディアンリズム(睡眠-覚醒サイクル)を調節する役割を担っています。したがって、早朝の日光と適切な就寝ルーチンは、この自然なサイクルがバランスを保つことを確保するのに役立ちます。
早朝の日光
人間の体は光の露出に非常に敏感で、早朝の日光(できれば屋外)にさらされることで体の生物学的な時計がリセットされます。
さらに、それはセロトニンの生成を促し、これにより一日中の気分を高め、またメラトニンの前駆体として夜間の睡眠をサポートします。
ベストプラクティスとして、目覚めてから1時間以内に、屋外で5-10分間の朝日を浴びることを目指すべきです。
就寝ルーチン:重要な要素
バランスのとれた神経系をサポートする就寝ルーチンを作る際には、いくつかの重要な点を念頭に置く必要があります。
まず、定期的な睡眠スケジュールを確立することが重要です。これは、毎晩同じ時間に寝ることを意味します。
次に、ベッドルームでリラックスした環境を作り出し、電子機器などの邪魔物を避けることが重要です。寝る前にブルーライトを避けることで、この移行を容易にします。
三つ目に、寝る前にカフェインやアルコールを避けることが重要です。これらの物質は体の自然な睡眠-覚醒サイクルを乱す可能性があります。
四つ目に、寝る前に食事を避けることが重要です。睡眠中に消化にエネルギーを向けることなく、神経系は自己修復能力を高め、充実した睡眠を得ることができます。
最後に、瞑想、ゆっくりとした呼吸法、読書、入浴など、神経系を静けさに移行させる活動で睡眠の準備をすると良いです。
バランスのとれた睡眠、バランスのとれた神経系
これらの簡単なヒントに従うことで、一貫した睡眠パターンを促進し、神経系のバランスをより良くサポートする睡眠-覚醒サイクルを育てることができます。
平均的に、適切な睡眠-覚醒サイクルを優先するNEUROFITのメンバーは、5%高いHRVを報告しています。
神経系をマスターする準備はできていますか?
NEUROFITをダウンロード
この記事を共有する